プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






「バウリンガル」とは2002年に現タカラトミーから出た


  「○○ちゃん、新しいお洋服着ましょうね」

  「ワン、ワン (またかよ~着たくないんだよ~ )?」と


犬の言葉を翻訳してくれる機器である。



当時話題にはなったものの

いつしかその名前も聞かなくなってしまった。


しかしあれから8年の月日を経て

iPhone用にバウリンガルのアプリとして戻ってきたのだ。


私は考えた。

なぜいまiPhoneのアプリなのか?

進化してないで出したのでは、もちろんiTunesに最悪のレビューがつく。

・・・ということは、絶対に進化を遂げているはずだ。

この8年の研究は確かに期待できる。



しかも只今発売記念で600円のところ450円。

この450円で私の人生が変わるかもしれない。

さっそく購入。




私の頭の中に「もしかして」が浮かぶ・・・


1. リーダーのそばにいて私に「ワン、ワン」吠えている時。

   実は「助けて!助けて!」


2. リーダのお腹の上に乗って私を威嚇?しながら「ワン、ワン」吠えてる時。

   実は「オイ、こいつ食べちゃおうぜ!」


3. 鼻にシワを寄せて「ワン、ワン」吠えてる時。

   実は「前歯に何かついてない?よく見てくれよ」



「もしかして」、今まで私に何かサインを出しているのかもしれない。

実にここまでたどり着くのに9年もかかってしまった。



私はこの9年の想いを込めてさっそく使ってみた。



1. シャンプーに向う車中、いつも同じ交差点で「ワン、ワン」吠えはじめた。

   翻訳結果・・・「楽しみだわ~」


2. やたら私に「ワン、ワン」吠える。

   翻訳結果・・・「僕はここだよ~ もっとあそんでよ」


3. プレゼントしたベッドの上で「ワン、ワン」吠えた。

   翻訳結果・・・「僕ご機嫌なんです」


なんだか人生が楽しい。




 それから数日。。。




あれ?あれ?という翻訳は確かに多い。

結局お遊び程度のものであることを認めざる終えない。

どこかで、こんなはずではない・・・とも思うのだが・・・。



私がアトムに何かするとリーダーはそれを翻訳する。

 「やだって!」 「ほっといてだって!」



使って約1週間、私は確信した。


 「犬の言葉(翻訳)はリーダーが決める」


これが結論である。




----------------------------------------------------------------------------


 下のバナーをそれぞれポチッ、ポチッといただけると、私はリーダーになれます!?

  みなさんのクリック感謝!感謝!です。
 
 





スポンサーサイト

テーマ : ウェルッシュ・コーギー - ジャンル : ペット

<< さらば龍馬、さらば・・・。 | ホーム | 第45章 私の十戒 (生誕9周年記念) >>



■コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。