プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atomb027.jpg



これもまた二人だけの夜の話である。

どのワンコもそうなのかわからないが
ヤツは突然家の中を走り出すことがあるのだ。

我が家の間取りであるが
長方形の中心に廊下がある。
その廊下の北側にリビング、そしてその反対の南側に子供部屋と私の寒い部屋がある。
そしてリビングを出ると「きりもち事件」の舞台となったテラスがあるのだ。

その狭い家の中にある1本の廊下。
ヤツはどこからともなくいきなり南の廊下の端まで走り出し
そこでターン。
今度はリビングを通り抜けテラスまで出る。
そこで再びターン。
またリビングを抜け廊下へと走って行く。
これを満足するまで何往復かするのだ。

家族はそれをいつも口を開けた状態で無言で見つめている。


私はいつもひとりで寒い部屋のベットで寝ているのだが
その夜は二人きりなので魔の巣に入り込み
そこに布団を敷き、嫌がるヤツを中に閉じ込め、一緒に寝ることにした。

天井から下がっている電気のヒモを引き、部屋を暗くしようとしたその瞬間。
ヤツは部屋の中で突然走り出したのだ。

何がなんだか分からず私は自然と部屋の真ん中に移動していた。
私の周りをとにかくグルグル全速で走っている。

声をかけても止めない。
手を出して止めようとしたが断念。


ヤツを追っていた私は目が回りそうになったので
掛け布団をかぶり部屋の真ん中で丸くなっていた。
そして隙間からその様子を覗きながら終わるのをまった。

いったい、いつになったら終わるんだ・・・。

これは何かの儀式なのか?

この後、私は食べられてしまうのか?

しかしその夜私はまだ生きていた。


次の日私はそのことを家族に話した。

「天から何かを呼んでいるんじゃないの。。。」と誰かが言った。

その日から彼は魔の巣の住人から「神の子・ムータ様」と呼ばれるようになったのだ。

おまえら今度は新興宗教でもやるのか・・・?


やはり私は写真のようなヤツにいつか食べられてしまうかもしれない。。。
以前見た夢とのリンクなのか・・・。


もしもこのブログがの更新がストップした時、それはあることを意味する。

その時私は和室の畳の下にいるかもしれない。


2008年1月18日現在 私はまだ生きている。



--------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「頑張れ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ corgibanner01.gif



スポンサーサイト

<< 第28章 順位付け | ホーム | 第26章 土曜ワイド劇場「息子は見た!」 >>



■コメント

この記事読んで昔読んだ絵本の
「バターになったトラ」を思い出しました(='m')

なんでしょうね、コーギーだけなんですかね?
うちの杏樹も突然走りだしますよ。
うちでは運動が足りないのねーと生暖かく見守ってます(笑)

atompapaさん、大丈夫ですか?
まだ、生きてますか???(笑)
って、本当にコギは突然走り出しますよね…
我が家でも二人同時に走りだします。
で、寝転がってる人間をちゃんと避けてくれればいいのですが、しっかり踏みつけられてます。
結構私ってば、痣だらけ…(汗)
とりあえず、今は畳の下にatompapaさんが居ない事を祈ります(爆)

パパと二人がイヤだったんじゃないの~(笑)
『なぜ俺様がこの部屋で寝るんだ!』ってね(笑)
アトムは可愛いねぇ♪あっ!うちのグータラな3つは全く走らない…先日まで居た某家のお嬢は良く走ってたけどね♪

家の2匹も狭い室内を突然ダッシュして、ソファにわざと激突してターンをし廊下の端まで行って戻って・・というのを繰り返します。
が、我が家ではそれを‘ウンチダッシュ’と呼んでいます。
なぜなら、その爆走後、かならずブツをするので・・。
アトム君は、その後催したりしないのですね~、ふむふむ。
もしやウンチダッシュは我が家だけ?笑

いいじゃないですか~アトム君だけだから!!
ウチで真夜中の大運動会が始まったら
犬・猫入り混じり・・・そりゃ~もう
儀式ではなく、拷問です。。。

>あんママさん
やはり走りますかァ~(笑
今では突然走り出すと障害物を誰ともなく
移動してあげてます。

>まめママさん
はい、まだ生きてます(笑
2頭での走りは凄そうですね。
やはりコーギーだけなのか・・・

>ノア母
なぜそんなことを言うのか!(笑
二人の事件ネタはまだあります。
ご期待を・・・

>波留ママさん
アトムはブツは出さないのですが
自然に飽きると?止めています。
それを我が家はあたたかく見守るしかありません。

>華さん
猫も一緒に走るんですね。
なんだかただ見ているようにもそ思えましたが
いやいや、みなさん苦労しているんですね(笑
みなさんのコメントでヤツだけがおかしいのでは無いことが
わかりました(笑

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。