プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atomb024.jpg



それは突然の事だった。

私はいつものようにアトムと散歩に出かけた。

いつも歩き始めるとグングン引っ張るのに私の前を歩かないのだ。

これだけでも何かおかしいと思うのだが
私は振り返りヤツを見た。
どうも歩様がおかしいようだ。

たぶん後足だと思うのだが、右なのか左なのか判断ができない。
びっこを引いているのであれば、どちらか判るのだが
どちらともいえない変な歩き方で
腰がぐにゃぐにゃというか波打つようにというか・・・。
今でも上手く表現できない。

しかしこの症状を上手く説明できないおかげで
話は違う方向へ進み始めてしまったのである。


私はまずその場に止り
腰、足などいろんな箇所を触診をしたがヤツは別に痛がらない。

しかし自分でも何か変だと思っていたのだろう。
少しずつ前進をさせてみるのだが、とうとう座って動かなくなってしまった。

これは何か問題があると察し、直ぐに家へ戻ることにした。


とりあえず私はリーダーに身振り手振りで事情を説明した。
そしてヤツを家の中で歩かせてみたのだが・・・

アレ?
問題なく普通だ。

一応リーダーに朝の散歩の様子を聞いたが問題ないとのこと。

しかし次に日も同じで、朝は異常なしだが、夕方は異常あり。
そのまた次の日も同じであった。

私は股関節に絶対に問題があると思い動物病院に連れて行った。
しかし先にも話したように、この症状を言葉で上手く説明できないので
また身振り手振りで先生に伝え、まずはレントゲンを撮ってもらった。

しかしレントゲン結果も異常はなし。

妻も先生もその変な歩様を見ていないので
たいして問題にはしていないのだ。

しかし私はこの目で何度も見ている。
その状況が上手く伝えられたら・・・私は自分を責めた。


そうだ!これは那須のブリーダさんに相談するしかない!


前回はやられたが、今度こそ大丈夫だと確信しダイヤルをした。

電話口で私はこの目で見た全ての状況を説明した。
やはり電話ではなかなか上手く伝えられないので
自然と身振り手振りをしていたのだった。

真剣な会話は続いた。
親身に原因を考えてくれていた。

そしていろいろと考えられることを整理し
那須のブリーダさん流の診断結果が出たのだ。


「アトムパパと散歩に行きたくないんじゃない・・・(笑)」

「・・・・・」


なぜだ! なぜなんだ!

私はほんの少しの沈黙の後、ただ笑った。
泣きながら笑った。

しかしその後、私は自分に言い聞かせたのだ。

そうだ、違うんだ。
私にはわかる。

長い付き合いだからこそ言えることがあるんだ。
そこにはちゃんと裏まであるんだ。

そんなに心配しなくても大丈夫だと私を安心させたかったのだろう。
まったくお茶目で、笑いのツボをつかんでいるブリーダーさんだ。


しかし後日経過観察報告のため動物病院に行き
先生と原因を考えてみたのだが、やはりそこでも結論が出なかった。

そこで私はこれだけは避けたかったのだが
「私と散歩に行きたくないから・・・という説」も聞いてみた。

お互い笑い話で終わるはずだったが、先生は真顔で答えた。
「はい、それは考えられます」


その後も数回症状が出るたびに病院に行ったが
私に話す内容は「私とヤツの関係」のことばかり。

そして極めつけは
「いつもの通り原因がわからないので処方箋はありません」
「まずはお父さんがリーダーになることですね」って。

オイ、オイ、私は心療内科に相談にきているのではない。
人のキャラで診断を下すな!

私は心で叫び続けたのだった。



そしてそれから数ヵ月後
やっとのことでおかしな歩様の原因が私でないことが判明したのだった。


つづく。


(2004年5月の日記より)


--------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「今年も頑張れ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ corgibanner01.gif



スポンサーサイト

<< 第25章 神様仏様 | ホーム | 第23章 恐ろしき脳の世界 >>



■コメント

ごめんなさい。
夜中にひとりで読んで、大笑いしてしまいました。
涙でそうでした。
でも、原因はパパさんじゃなかったんですねー。
続きを楽しみにしています。

ぐにゃぐにゃした歩き方って
どんなんでしょう?気になります。


いつも楽しく拝見させて頂いてます。いつも読みに逃げですいませんパパさんの武勇伝には、かなり笑わせて頂いてます。アトム君のお餅事件の時はダンナと2人で大爆笑でした!
アトム君いったいどうしたんでしょうね。病気じゃなければ良いのですが。。続編を楽しみにしております^^きっと又楽しい裏がありそうな予感です☆

今日は旦那がお休みで、マッタリ中だったのですが、今読ませて頂いて、大爆笑!!!
横で寝そべってた旦那も私の笑い声に驚いて、慌てて読みに来ました(笑)
もちろん、旦那も爆笑!!!
でも、アトム君の不思議な行動はatomupapaさんが原因ではなかったんですね…
(ちょっと残念なような気が…(笑))

おかしな歩様の原因凄く気になります…
期待を裏切らないatompapaさん♪
続き、楽しみにしてますね!!!


嫌いでもかわゆいよね。
兄弟はけんかばっかりだけど。
必ず仲直りするもんね。

>あとみんさん
そうなんです。
私が原因ではなかったのです。
変な歩様は次章でちょっとふれていますので
これで想像してください。

>トモさん
はじめまして。
いつもご訪問くださいまして有難うございます。
次章で一応はこの話は完結しますが
その後もいろいろリンクしますのでお楽しみに。

>まめママさん
みなさん気になる歩様ですが
次章に少しかきましたので、これで想像下さい。
ところで原因ですが・・・こちらも次章で(笑

>コリーのこりんさん
はじめまして。
そうですね、嫌いでも可愛いところもあります(笑
家族ですからね。





コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。