プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atomb021.jpg



「緊急お詫びSP」

お知らせでご案内をした番組を見られた方へ
大変申し訳ありませんでした・・・カットされていました。
お詫びにこの章をどうぞ。



毎回毎回、私とアトムとの話だけでは、みなさんが退屈してしまうと思ったので
今回はお休みにして、この1枚の絵の話をするとしよう。


ここに1枚の絵がある。

この絵はある少女が4年前に描いたものを
このブログのために数日前に復元してもらったものである。

その少女の家族構成は
お父さん、お母さん、お兄ちゃん(当時小4)、少女(当時幼稚園児)、犬一匹。
不思議とこのブログに出てくるいつもの家族構成と同じであった。


それは家族でフリーマーケットに出店したときの話である。
少女の家は年に何回かフリマに出店し小銭を稼いでいると聞いている。

その日は味の素スタジアムの駐車場でフリマ。

父親はどうしてもフリマがあまり好きではなく
いつも嫌々付き合っていたようだ。

お昼を食べた後に出店ブースのテーブルの上で
その少女は母親の絵を描いていた。

それを見た父親は自分の絵も描いて欲しいと頼んでみた。
少女は笑顔で「いいよ」と返事をした。

しばらくして絵が完成した。

画用紙の真ん中に父親が描かれている。
そしてその周りをギザギザの線でも囲んでくれている。
このギザギザがなんだか分からなかったが
見方によっては花まるのようにも見えたのだった。

《よしよし、今までお母さんの絵にはこんなサービスはないぞ!》
父親は鼻高々だった。

「この周りの線はお父さん大好きってことの花丸だよね。。。」
父親はたいそうご機嫌で聞いてみた。

しかしその少女の回答は父親を地獄へ
まっ逆さまに突き落としたのであった。

「ちがうよ、この絵はパパがおぼれているところ。」


実はこの1枚の絵は当時描かれたものと一部異なっているところがある。
異なった部分というのはもちろんお父さんである。
当時の絵にはお父さんが仰向けで描かれていたのに対し
4年後に描かれたお父さんはうつ伏せだった。

お父さんは「おぼれている」から「溺死」になっていたのだ。



この少女の話はこれでは終わらない。

これも幼稚園児の時の話である。

それは家族での食卓の席でお父さんのために熱唱した森高千里の替え歌であった。

 

  私がオバさんになったら♪
 
  あなたはもうお墓の中よ♪




お母さん 「大笑い!」

お兄ちゃん 「大笑い!」

犬 「絶賛!」

お父さん 「・ ・ ・ ・ ・ 」


お父さんは思ったそうだ。
私の人生は谷あり、谷あり、谷あり、であると・・・。



--------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「何が起きてもまた頑張れ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ corgibanner01.gif



スポンサーサイト

<< 第22章 犬の十戒 | ホーム | 第20章 プロジェクトX ~挑戦者たち~ >>



■コメント

ご無沙汰しました。

いやぁ、コメントしにくい記事ですねぇ。
ウチには、小学6年の毒舌大魔王がいます。
あっ、女の子だから大魔女王!?
替え歌のセンスが抜群ですねぇ。ウチの娘にも見習ってほしいモンです。
悪口を言うにも、センスが無い!

せっかく訪問していただいたのに、
精神修行の真っ最中でした。
すいません。ようやく落ち着きました。
地道に更新していきますので、また遊びに来てください。

某所でコメントを拝見しました。

ちょっとこちら場を借りて、ご実家のコメントが26日になった謎解きしました。

やっぱ『輝いた二人』のあとにもう一言あったんでしょうね。
『・・と夢を掴みはじめた○○○』

で、私の方からは別板でしっかりフォローしておきましたv-290

お父さん、頑張って!

娘というものは、お父さんの威厳が理解できるようになるのは、かなり大人になってからです。
私も気づいたの最近ですから。
と言うことは・・・atompapaの地獄は、後およそ20年・・・。

リンク、ありがとうございましたっ!!

頑張れー頑張れーーお父さん!!(涙)
どうして、お父さん“溺れて”いたんでしょう?
ナゼに溺死?!
謎は深まる一方ですねぇぇ。。。。

>カミナリ親父さん

復活しましたようですね。
なんでもほどほどがちょうど良いと思います。
犬に対してもほどほど。
まぁ~私が言うのもなんですが・・・(笑

>世話役さん
あまりにも短すぎてフォローになってませんわ。
暴露もほどほどでお願いします(笑

>かおりさん
私の20年後は歌の通りお墓の中かもしれません(汗
でも実際娘が20歳になったら「うざい」とか
いわれるんでしょうね。

>華さん
この絵を描くまでにいろいろとありました。
「サメに食べられているところ」
「海の底に落ちていくところ」など・・・
恐ろしいです(汗

うちの娘も

まだ2,3歳の頃、ダンナがリンゴの皮剥いてるのをじっと見てて「ママをサクッとしてみ」と言ったことがありますw
子供って深く考えてない所がなんとも面白くもあり怖くもあり…

>きなこあめさん
こんにちは。
「おぉ~」これは・・・
すいません、何とも他人事とは思えず笑ってしまいました。
でも驚きますよねぇ。







コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。