プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atomb019.jpg



ちょっと目ヤニが気になったので
リーダーに頼んでアトムを病院に連れて行かせた。
実は私は動物病院が苦手なのだ。
その訳はいつかお話しするとしよう。

さて病院では目を隅々まで洗浄され、光もあてられ
目をショボショボさせながら帰ってきた。

病名「結膜炎」

自宅に戻りエリザベスを装着。
処方されたのは目薬。
ヤツは絶好調ご機嫌斜めであった。

その夜目薬を点すときが来た。
担当は猛獣使いの私。
まったく何の問題も無い。


薬の袋を手に取る。
ヤツは食べ物と勘違いして近づいてきた。

袋の中から目薬を出す。
ヤツは何かを察し部屋の隅へ移動。

目薬を持つ手がヤツに近づく。
ここは「ジョーズ」のテーマ曲が非常に合うシーンである。

しかし私とヤツの間にあるその空間に嫌な空気を感じてきた。
そして心臓の鼓動も早まり・・・呼吸も口で。。。

だが私の背後では魔の巣の住人が何かを期待しているのだ。


「私は猛獣使い!」

「私は猛獣使い!」

何度も自分に言い聞かせた。


怖いものは何も無い。
なぜなら「私は猛獣使い!」
指の1.2本食いちぎられても指名を全うするのだ。


私は冷静を装った。
そして目薬を持った右手が20cmの距離まで近づく・・・

「う~~~」

これはアトムの怒っている声ではない。
私の苦痛の悲鳴である。

一瞬の出来事でよく覚えていないが、私は猛獣に咬まれたのだ。

目薬はヤツ目にとどくことなく、床へと落ちていった。
それはまるでドラマのワンシーンようにゆっくりと・・・。

私の右手の親指は1.5倍近く腫れあがり、食い込んだ歯の跡もクッキリ。
でも不幸中の幸いで親指は無事に付いていた。


それを見ていたリーダーが言った。

「あ~あ、そんなに腫れちゃって」
「目薬を点すときは後ろからやらなくちゃ」

オイ!だったらそれを先に言え!!

翌日病院に行った。
そして「飼い犬に咬まれた」とは言えなかった。


2004年3月3日の日記より


--------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「とにかく頑張れ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ corgibanner01.gif



スポンサーサイト

<< 第20章 プロジェクトX ~挑戦者たち~ | ホーム | 第18章 二人っきり(その1) >>



■コメント

アトム君、結膜炎ですか…
うちのまめ太郎は先日小豆に目(アイライン部)に傷を負わされ、塗り薬を縫ってました。
私の指で、アイラインだけでなく、眼球にも塗ってくださいと言われ、ハラハラドキドキモンでした(苦笑)
で、知らなかったとは言え、正面から立ち向かったatomupapaさんに拍手!!!(笑)
指を噛まれても、身体を張って偉業を成し遂げたatomupapaさん、きっと世界一の猛獣使いになれます!!!

待ってました

目薬の巻!
うぷぷ。atompapaさん、言わなくちゃw
私、言いましたよ。飼い犬に噛まれたって。
ベッドに仰向けの私を3人の看護婦さん+女医さんが取り囲んで
「噛まれたらしいわよ」「犬にだって」「ショックなんだって」「あらぁ」
なんて盛り上がってました。
アトム君、恐怖が正面からジワジワ来るんですもんねー。さぞや怖かったことかと。
リーダーの後出しナイスでした。

ああ目薬ですかぁ・・・。
目薬は難関ですよね~(笑)
ウチにも昔、ガルガル中型犬がいました。
小学生の頃から高校へ行くまで
穴の開くほど手のひらや手首を咬まれたり・・・
そういえば病院には行った事がなかったな~
誰も病院へ行けとは言わなかった・・・i-202
行ってたら「飼い犬に手を咬まれました」って
言ってたんでしょうねぇ。。。

そうそう目薬は後ろからですよ~!!(笑)

またまた!

ぷ~(^o^)
ボスも飼い犬に噛まれた事あるよ♪
『そりゃ~ママが悪いよ!キャラたんが折角ゲットしたパンを取りあげたんだから!』って言っておいた(^o^)
ちなみにお母さんが取っても噛まないよぉ(^o^)

>まめママさん

身体を張ったのですが、成し遂げられませんで
結局リーダーが簡単に成し遂げましたです(笑

まったく知識がなかったのですが
目薬は後ろからが基本みたいですね。


>マキジャクさん

あれ?言いませんでしたっけ(笑
先生には
「何をしたんですか?こんなになっちゃって。。。」と
言われてしまいました~


>華さん

最初は病院に行くつもりは無かったのですが
ズキン、ズキンと結構痛みがあり行ってしまいました。
男は痛みに弱い(汗

「目薬は後ろから・・・」
次回頑張ります。。。


>ノア母

そりゃ~ボスが悪いな!
こんな自分でも食に関する事件は慎重に対処しまうよ。
怖いから(笑

ケンもリーダーも取り上げることが出来るんだけど
残りの二人はダメだな~。

次章、クリスマスSPとして
残りの二人が壮絶なプロジェクトに挑んだ記録をご紹介。


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。