プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atomb016.jpg



たしかその日は夕方から仕事で、都内のホテルに利き酒会に出かけていた。
終了後は知り合いの同業者や蔵元とみんなで飲みに行った。

もちろん帰りは深夜。
最終の電車になんとか間に合い無事帰宅。

と思ったのだが、玄関で鍵が無いことに気がついた。

恐る恐る私は時計を見た。
どう考えても誰も起きているはずが無く
家族はみんな魔の巣で熟睡中だ。

しかし、このままでは朝まで家に入れない。
とりあえず携帯から自宅に電話をしてみた。

わかりきった事だが、もちろん応答はない。


何か良い方法はないだろうか???


そうだ!
これ以上無いと言っても良い素晴らしい方法が見つかった。

それは「ドアフォン」である。
アトムはドアフォンが鳴ると吠えまくる。

ヤツが吠えると言うことは誰かが起きる。
誰かが起きると言うことは玄関が開く。
玄関が開くということは家に入れる。

これだ!
これを使うしかない。
なんて私は頭がいいのだろうか。

「ピンポーン」
「ピンポーン」

「ワン!ワン!ワン!!」

思ったとおりだ!
吠えてる、吠えてる(笑

「ドン! ドドン! バタン!」

大きな物音もした。


暫くしてリビングに光が灯り、玄関が開いた。

「た・だ・いいい・・・・・ま」
私の目の前には腹の中で怒りをためている妻が無言で立っていた。

「すいません。鍵持って行くの忘れちゃって。。。」

私は小さくなりながら家に入れてもらった。


そしてそこで見たものとは・・・

和室の襖が見事に倒れ
何が起きたか判らず、廊下で呆然と立っている子供たち。
そしてリーダーを守るように私の前を立ちはだかる犬一匹。

大きな物音とは、アトムが体当たりをして襖を外した時の音であった。


家の中に入ると想像していた通り、家族からは非難の嵐が待っていた。

悪魔A 「なんで鍵を持っていかないの?」
悪魔B 「最悪!」
悪魔C 「今何時だと思ってんの、もうちょっと考えてよ!」
悪魔D 「おまえに別件はない!」


非難を受けてもなんだかスッキリとした気分であった。
表面上は一応反省をして謝ったが
ドアフォンが鳴った時の魔の素で起きていた状況を想像するだけで
腹の中で笑いが止まらない。

私はその笑いを家族に悟られないようにし
仕事の汗、冷や汗、そしてあぶら汗を流すために風呂場へと行った。

しかし湯船につかり考えてみた。

これは仕返しだったのだろうか?
なんだか新しい家族をさらに一致団結させてしまったのかもしれない。

風呂からあがったが、リビングにはもう誰もいなかった。


寝る前に魔の巣の襖を少し開けて様子をみてみた。

そこにはスヤスヤ寝ている子供たちと
いつものように愛を育んでいる二人が寄り添って寝ていた。

私はとても寒いひとりだけの寝室へ。。。

「う~~寒い!」

ひとりベッドの中で丸くなる。

「今夜はこの部屋だけ雪積もるな」


人の肌って暖かいんですか・・・?



--------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「とにかく頑張れ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ corgibanner01.gif


スポンサーサイト

<< 第17章 私は壁 | ホーム | 第15章 妻を寝取られた男 >>



■コメント

どうもです。

ウチは猫2匹に、奥さんのふとんを占領されてます。もちろん奥さんゴトです。
でも猫の爪あとは俺のふとんだけで、日に日に羽毛が減っていきました。
最近、新しいふとんを購入しましたよ、頑丈なふとんカバー付きで。

自分の未来日記を読んでるようで、本当に楽しい?です。
リンク、ありがとうございました。いろんな意味でリンクしてますね。

リンク、あいがとうございました。

人肌は

温かいですよーw
でも犬肌には負けますよね。

アトムお父さん、相当あたふたしたんでしょうね。
寝込みを襲われちゃー大変ですもん。
可哀想だけどいじらしいです。
パパさんも早く家族の輪に入らねば。
家族間通話が無料ですよッ。

あ、4針じゃなくて2針でした。

し・・仕返しだったのでしょうか??

最後はやはり・・なんとも・・切ない!!
猫の肌も暖かいですよ(笑)

>カミナリな親父さん
我が家のヤツは息子のベットには上がりたがりますが
自分のベットには寄り付きません(涙

未来日記を読んでるなんて・・・
ボーダーコリーはあたまいいじゃなんですか。

今仕事が忙しくブログを更新するのが精一杯で
なかなかお邪魔することができませんが
そのうち笑いに行かせてもらいます(失礼


>マキジャク さん
家族の輪なんて忘れかけそうですよ。
我が家は全員auなのですが
悪魔たちはsoftbankにしたいと言っていました。
そのうち本当に我が家はCMの世界になりそうで・・・
そこもたしかお父さんは犬でした(汗


>華さん
いいんです。
少しだけでも「スッキリ」したので(笑

今回のタイトルは何も浮かばなかったので
そのまま「仕返し」にしてしまったのですが
ちょっとはずしましたね。

そうですか~
猫も暖かいですかぁ~



コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。