プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atom036.jpg


アトムから見た私の地位は家族の中でどのようになっているのか?
いや、もっと単刀直入に言うならば・・・

私の存在とはどうなっているのだ!
私は誰なんだ!

今回はみなさんと「私の存在感・散歩編」で考えてみたいと思う。


-------------------------------------------------------------------

■ケースその1

 たまに子供たちと一緒に散歩に行くことがある。

 そんな時、子供たちが私とアトムのペースに付いてこれない事がある。
 するとアトムはその場でストップするのだ。
 子供たちが追いつくまで振り向いて待っているか
 その場所まで迎えにいく。

 なんて微笑ましい光景なのであろうか。。。

*子供たち・・・今から4年前ぐらいの話だと思う

■検証

 それではリードを子供たちに持たせ
 逆に私が遅くれたり、止まっていたりした場合はどうだろうか?

■結果

 決して振り向くことは無い。
 子供たちとアトムはどんどんどんどん遠くなっていく。
 私はひとり取り残され「ちょっと待ってよ~」と走って追いつかなくてはいけない。

-------------------------------------------------------------------

■ケースその2

 リーダーと子供たちが一緒に散歩に行くと
 いつもアトムと顔を見合わせて会話をしているのだそうだ。

 「アトム、あの花綺麗だね。」
 「アトム、今日は暖かいね。」

 とても微笑ましい光景である。


■検証

 それでは私とアトムと二人だけでの場合はどうだろうか?

■結果

 私「アトム~♪」
 犬「・・・・・」
 
 私「アトム!」
 犬「・・・・・」
 
 私「アトム!!」
 犬「・・・・・」

 私「オイ!!!」
 犬「・ ・ ・ ・ ・」

 ヤツは耳の角度をまったく変えずに前進あるのみ。
 たまたま隣を歩いている知らない人同士のようである。
 
 でも会話が無くもないのだ。
 
 「ゆっくり!」
 「いけない!」
 「待て!」
 「だめ!」
 「出せ!」

 この時ヤツがチラ見をする時がある。
 しかしその目つきから感じ取れる言葉は「うるさい!」である。


 日々会話は弾む。。。

------------------------------------------------------------------- 

■ケースその3

 ある日の散歩の途中のこと。
 前から歩いてきた買い物帰りの妻と子供達に遭遇した。

 アトムはリーダーと子供たちに会えて嬉しすぎてたまらなくなり
 私との散歩のはその時点で頭の中から消えてしまう。
 みんなと同じ方向に行きたくてグングン引っ張る。
 
 無理やり連れて行くがしばらく動かず
 その後は散歩をしていても後ろばかり振り返る。
 過去そこで散歩が中止になってしまう事もあった。

■検証

 それでは自分が前から歩いて来て
 散歩途中の家族とすれ違った場合はどうだろうか?

 〔良い結果が出ているかもしれないので、勝手な想像は控えてほしい〕

■結果

 興味本位で私をちょっとは見るものの
 決して追いかけてくることは無い。
 まるで「今日も寒いですね~」と
 すれ違いざまに挨拶を交わすご近所さんのようだった。

-------------------------------------------------------------------

■番外編

 私とアトムが散歩をしていると
 その横を3人の悪魔を乗せた車が通り過ぎて行くことがあった。

 その中の小さい悪魔が窓を開けて
 「アトム~~~~~~」とわざと叫ぶのだ。

 アトムは突然ギャロップ全開で車を追いかける。
 そして私は前に転びそうになる。
 いまだ怪我は無いが。

■私から悪魔たちへ

 「ふざけるな!」
  切実なる願いである。

-------------------------------------------------------------------

■私の存在感「散歩編」の総合結果

 私たちは赤い糸で結ばれた「あつ~い」関係ではなく
 黒いリードで結ばれた「冷た~い」関係なのである。



 そこで笑っているあなた!
 
 これは笑い事ではないですぞ。 
 
 なぜなら、明日はあなたかもしれないのであるから・・・




------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「これからも期待してるよ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ 


スポンサーサイト
atom037.jpg



これは私が平日の日中に3階の自宅に用があった時に
よく時に出くわす光景を話にしたものである。

1階の店舗事務所から内階段で3階まで行き
廊下を通り、リビングのドアを開ける。

普通ならそこに愛犬がいて
「寂しかったよ~ クゥ~ン クゥ~ン」なんて
飼い主が来れば喜んで寄って来る。

これがごく普通の家庭内の風景である。(と、思っている)

しかし私はそのごく普通の家庭生活ではないのである。

まずドアを開ける。
するとヤツは猛スピードでリビングのドアと部屋を挟んで
その反対にあるテラスのドアの隙間から外に出て行く。

「出て行く」という言い方が正しいのか
「逃げる」と言うのが正しいのか・・・

上の写真がその証拠写真である。
たまたまコンパクトデジを手に持っていたので、猛スピードでシャッターを押したのである。

ピンボケで露出も外の光に合ってしまいちと暗いが
その瞬間を抑えた歴史的にも貴重な1枚である。


ま~とりあえず、そんなのはどちらでも良いのだが
私は急いで出て行くヤツのお尻しか見たことが無いのだ。

なぜそんなに急いで逃げるのか?

その場に立ち竦む私は腕を組んで、はたまた首を傾げ、良くロダンになる。

最近はかなり減っではきたが、以前は日中悪さをしている回数が多かった。
過去ヤツが悪さをする時間帯は誰もいなくなる日中に集中している。
そしてそれをほとんどが私が発見。

だから逃げた後が大変なのだ。

私はまず部屋の中を一通り見回す。
次に自衛隊員になり這った状態で机の下や部屋の隅を点検。

私が判断した結果
私が嫌いなのではない。
怒られると思って逃げているのだ。

変な学習能力を持つ犬は
何もなくても同じような行動をとってしまうのかもしれない。

たぶん・・・・・。



お前に告ぐ!

何もしていないのに逃げるのは止めろ!





| ホーム |




 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。