プロフィール

atompapa

Author:atompapa
犬が苦手だった一人の男が飼い
主になってしまった。
リーダーになるために日々努力
をするがいつも空回り。
そんな寂しく空しい日々をエッセ
イ風に紹介。
果たしてその心は彼に届く日が
くるのだろうか?
これはそんな男の心の叫びで
ある。

ぜひ、「まえがき」からお読みい
ただければ幸いです。

リンクはフリーです。
でも「リンクしたよ~」とひと言
お願いします。

アトムのプロフィール

atombp01.jpg

犬種:ウェルシュ・コーギー
性別:オス
生年月日:2001.11.12

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ちょっと気になるお店


pana_02.gif

リンク

ブロとも申請フォーム

私達にも出来る事がある



banner_rectangle.gif

QRコード

QR

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
atom033.jpg



おとといの夕方の散歩でまた頭の中をブログのネタがかけめぐった。

しかし、このブログを読んでいただいている方の多くは女性だ。
なのでこんなことを書いていいのかといろいろと悩んだが、結局書くことにした。

そのタイトルとは「私は犬になりたい!?」である。

ちょっとと言うか、まるっきりというか・・・
エロおやじ的発言なので最初に謝っておきたい。



たまにではあるが犬はいいなァ~と思ったことがある。

たとえば・・・公園などに出かけ散歩している。
ヤツは多くの女性に「かわいい~」なんて声をかけられ
膝の上にのせられスリスリされ「いいこ、いいこ」なんかしてもらっている。

そして次の瞬間
人間の世界では考えられない出来事が起きてしまうこともある。
初対面のくせにディープキッス。

初対面でアメリカ人でもフランス人でもましてやイタリア人でもやらない。
これは透明人間になって女風呂に入っているぐらい凄いことである。

なんてお前はうらやましいヤツなんだ!


しかし.....

その半面考えられない辱めを受けることを覚悟しなくてはいけない。

 ・所かまわず公衆の面前でウン○
 ・近所の家の門にオシッコ
 ・電信柱のオシッコ分析
 ・おしりの匂いかぎ
 ・四足歩行(私は腰痛である)

そしてこれは体験談であるが
夕方の散歩時に出会うおばさんがいる(推定年齢50代後半)
このおばさんは缶チューハイを飲みながら犬の散歩しているのだが
犬を見つけると自ら寄って行き、抱き上げたと思ったら
自分の口を無理やり犬に舐めさせているのだ。

もし私が犬だったらと想像すると 「オェ!」である。

アトムも一度されたことがあるが、その後私はヤツの口をティッシュで拭きまくった。

犬もつらいの~

やはり私は人間で良かった。


--------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「これからも期待してるよ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ corgibanner01.gif


スポンサーサイト
atom034.jpg


春近しSP

「プロジェクトX ~挑戦者たち~」


 
これは1匹の犬から「ホワイトデーのプレゼント」を奪回するために命をかけた父と娘の
壮絶な戦いの記録である。


                            語り:田口トモロヲさん(風で読んでいただきたい)


平成20年3月14日
埼玉県のとある平和な町にその家族は住んでいた。
父、母、長男、長女の4人と犬が1匹の家族構成だっっった。

そんな平和な家族にまたも事件が起きたのだった。

その日は「ホワイトデー」。
世間の人が菓子メーカーなどの戦略にまんまと引っかかり
バレンタインデー同様に無駄なお金を使う日であっっった。


午後娘が学校から帰ってきた。

「ただいま~」大きな声だった。

ランドセルを放り投げる用に下ろした。


娘は同級生の男の子からもらったホワイトデーのプレゼントを父に自慢した。
ラッピングの中は可愛らしいコアラのマーチの鉛筆と消しゴムのセットだった。


しばらくして父は家に用があり戻ったきた。
何かいつもと違った空気が空気が漂っていたのを感じていた。


娘が「出せ!出せ!」と犬に怒っていた。

ホワイトデーのプレゼントを犬に取られてしまったのだった。

「ウ~~~ウ~~~」犬も怒っていた。

その消しゴムからはとてもいい匂いがしていた。


娘は言った「パパなんとかして!」

「俺にまかせておけ!」
「今度こそ1発で決めてやる!」

その声は力強かった。

父は前回とは違った作戦を考えていたのだった。

 その作戦とは・・・。
 まず父が掃除機で犬が咥えているホワイトデーのプレゼントを吸い込む
 離したその瞬間にまた取り戻されないために顔に網をかけ防御するのだ。
 

前回の教訓から一応娘に釘をさした。

「娘よ、今回もおしりの穴はダメだぞ!」

娘は軽くうなずいた。




後日この映像を見た父は驚いた。
お尻の穴にバキュームをしていたのはなんと父だった。
まったく記憶にないぐらい壮絶な戦いが感じられた。


この壮絶な戦いの中、娘は父に言った。

「なんでまた写真撮ってるの!?」

「ふ~ん、ブログにのせるんだ~」

突然妻の顔が浮かんだ。

そして父は娘に言った。

「余計なこと言うな!そして考えるな!ママにも言うな!」


娘のするどい指摘をされ動揺した父は
バキューム作戦を失敗してしまったのだった。


父は悔しかった。
なんとしても前回の「越後一番きりもち」のような結果にはしたくなかった。
消しゴムと鉛筆を原型のまま取り返す事を娘に誓ったのだった。


「そうだ!踏み台作戦で行くしかない!」父は言った。


 その作戦とは・・・
 その折りたたみ踏み台はこの家庭の冷蔵庫の脇にいつも置いてある。
 犬はこれが大嫌いなのであった。
 この踏み台の音がちょっとでもするとどこかへ逃げていってしまうのだ。
 これを使うしかないのだ。


「娘よ危ないから離れろ!これは男の仕事なんだ!」

父は実にたくましかった。

--------------------------- プロジェクトX ---------------------------

atom034b.jpg


「無駄な抵抗はヨセ!」
「お前はすでに包囲されている」
「今すぐコアラのマーチを開放して出て来い!」

もう一度言う・・・。

しばらくにらみ合いが続いた。

まったく動きがない。

「オイオイ、俺は仕事中なんだ、俺は何をやってるんだ」

現実が押し寄せてきた。


「人質を解放しないなら、実力行使にでるぞ!」

最後の忠告だった。


「よし、突入!」

父と娘は強行突入したのだった。

父はその踏み台を持ち、ガタガタと音を立てながら
一瞬犬をパニック状態にしたのだった。

その作戦は見事的中だった。
犬の目は泳ぎ、動きも不安定になり、あきらかに動揺を隠せなかった。

そして次の瞬間、消しゴムと鉛筆の入ったビニール袋を口から落とした。

「そこだー」

父はすかさずビニール袋の上にタオルをかけた。
大事なブツを見失った犬はあたりをキョロキョロと見回し
「あれ?あれ?」とパニックになっていた。

やった!
任務完了!

父はホワイトデーのプレゼントを見事に奪回したのだった。


父は歓びのあまり大声で叫んだ。

「取ったどーーー!!!」

大きく深呼吸をし天井を見上げガッツポーズをしていた。


しかし・・・その歓びも前回同様長くは続かなかった。

母「またデジカメ撮ったんだって。」

 「ブログブログブログ・・・」呪文のようだった。

父「・ ・ ・ ・ ・」

さびしい背中を家族に向けながら、いつものように唇を噛みしめた。

そして今日も中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」を口ずさみながら。。。


  語り継ぐ 人もなく
  吹きすさぶ 風の中へ
  紛(まぎ゙)れ散らばる 星の名は
  忘れられても
  ヘッドライト テールライト 
      旅はまだ終わらない
  ヘッドライト テールライト 
      旅はまだ終わらない

  ヘッドライト テールライト 
      旅はまだ終わらない
  ヘッドライト テールライト 
      旅はまだ終わらない




--------------------------- プロジェクトX ---------------------------

ランキングに参加しています。
「これからも期待してるよ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ 



今日東京ビッグサイトで行われている「アジアインターナショナルドッグショー」に行ってきた。
もちろん仲間達の応援のためであり、懐かしい顔と出会えるのもまた楽しみだった。

会場ではもちろんこのブログの話も出た。
みんな見ていてくれているようで感謝である。

あんな、こんな、そんな話をしている中
あのみどりカメのその後を書いていなかったことを思い出した。

忘れている方もいらっしゃると思うが今回は「第31章バカやろう!」の完結編である。




みどりカメのその後である。

あの悲惨な事件が起きERにて緊急手術を受けたカメックス(コールネーム)。
とりあえず一命は取りとめたが、その2週間後カメックスは息を引き取った。

瀕死の状態だったが良くここまで頑張ってくれたと思う。

だが心臓マッサージをするかのように
ゆすったり、軽く叩いたりと息子は最後まであきらめはしなかったが
カメックスはもう動くことは無かったが


「もう休ませてやれ」

私は息子の手首をつかんだ。


その後、息子はカメックスを両手で包み込むこむようにして見つめていた。

そしてその傷ついた甲羅には大粒の涙がこぼれた。。。


世の中の犬達へ告ぐ!
カメはゴハンではないんだ。


------------------------------------------------------------------------
ランキングに参加しています。
「これからも期待してるよ!」と応援いただける方
よかったらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ 


| ホーム |




 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。